2013年09月21日

アオコ抑える新技術

9月21日 朝日新聞朝刊埼玉版からの記事です。

さいたまの池で実証実験

攪拌体工夫で水質浄化


さいたま市内の企業が開発した画期的な攪拌技術。
これを応用して湖沼で大量に発生し、水質劣化や悪臭をもたらすアオコ被害を抑制する実証実験が進められている。

アオコは植物プランクトンのラン藻などが大量に増殖したもので、池や湖沼の水面が緑色の粉をまいたようになる。
夏場など以上に増殖すると魚介類がいっせいに死ぬこともある。

この攪拌技術は遠心力を応用し、羽を使わない。
このため、水流を垂直方向だけでなく回転させる攪拌体に穴を工夫することにより水中全体に起こすことができる。
また、羽がないので、水中生物や物質に傷がつかないことも利点だ。
実験に利用する攪拌体は、直径40cmで厚さ6cmの円盤型でプラスチック製。
毎分200〜300回転でかき回し、池全体に空気を送り込む。
池に空気を送ることで、光合成に必要な二酸化炭素が減り、アオコの成長が抑制されるのではないかという。

もともとは、塗料を混ぜる技術として、従来にない革新的な発明と認められ、基本特許習得。
その後、回転軸の強度テストを排水タンクで行ったところ、毎年夏に大量発生していた藻が減っていたため、水質浄化に役立つと考えたという。

実験開始から一ヶ月後の検査では、酸素の濃度があがるなど水質改善の傾向が確認できた。
10月末まで実験を継続して、今後の実験方針を決めていくという。

この攪拌技術、茶葉を傷めずに清涼飲料用の緑茶を大量生産することや、ダムの底の堆積物抑制などにも活用できるのではないかと期待する。



posted by バスター at 23:36| Comment(0) | 「水」と環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

古墳 ただ今工事中 埼玉 内堀を埋め立て

9月19日 朝日新聞 朝刊 社会面からの記事です。

埼玉県行田市のさきたま古墳群にある、前方後円墳「二子山古墳」(墳丘の全長138メートル)で、
内堀の水を抜いて埋め立てて「空堀」にする工事が進んでいる。
浸食作用で墳丘外周の崩落が深刻化したため。
来年度までに約5千万円かけて完成する予定だ。
出土した微生物の死骸から、6世紀初め(推定)の築造時も空堀だったと考えられており、
埋め立てで当初の姿に戻る。
現在の内堀は1968年に復元されたもので、堀の中に水をたたえた「水堀」として整備された。

浸食作用による墳丘の崩落は、近畿地方など大型古墳でも相次ぎ、宮内庁が袋状の金網に石を入れた
「布団かご」と呼ばれるもので外周を補強するなど対応をとっている。
同庁書陵部や文化庁記念物課によると水掘の埋め立ては珍しいという。


関連リンク

さきたま古墳群については
埼玉県立さきたま史跡の博物館

布団かごについては
蛇篭(ウィキペディア)



posted by バスター at 00:17| Comment(0) | 「水」と歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

嵐山渓谷(埼玉県比企郡嵐山町)

夏は、川へ泳ぎに行きます。

このあたりになります。



カメラ 1293.jpg
昭和レトロという感じの、おもむき深い橋が架かっています。


カメラ 1292.jpg
流れは穏やかで、水深は、足首が浸る程度から、推定およそ3メートルのところまであり、十分に泳げます。


カメラ 1311.jpg
こんな風に、クリフジャンプを楽しめるところもあります。


カメラ 1313.jpg
周辺は、保全トラスト地(さいたま緑のトラスト協会)になっていて、ハイキングコースが整備されています。

詳しくは、嵐山町観光協会のホームページをご覧下さい。

川遊びだけでなく、戦前からの観光地として、保全トラスト地として、歴史と環境を学ぶ、良い機会となりました。





posted by バスター at 23:47| Comment(0) | 水風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。