2013年07月23日

北極海の氷、減るとどうなる?

7月20日 朝日新聞 夕刊 ニュースのおさらい ジュニア向け からの記事です。

今までで一番狭い面積に

北極海の夏の海氷は1980年ごろから減り始めて、ここ10年解ける量が多くなってきている。
人工衛星で観測を始めた79年から2000年までの9月の海氷面積の平均は670平方キロあったが、昨年は、341平方キロになった。観測史上、最少の記録だ。

原因は二酸化炭素などが増えて、温度が上がる地球温暖化だ。
海水温も上がって北極海の氷が解ける。白い氷は太陽の光を反射するが、氷が解けると海面が出て、太陽光を浴びて海水はさらに暖まる。氷はできにくくなり、できても解けやすい。こうして海氷は減り続けてしまうわけだ。

一方、南極の氷は減少がはっきり確認されていない。北極海のこおりが海に浮かぶ薄い氷なのに対いて、南極の氷は大陸の上にあり、厚さは平均約2千メートルもある。地球上の氷の9割もの量があって、簡単に解けない。

気象に変化 船は近道

「このままいくと、30~50年後には夏の北極海に氷がなくなってしまう」多くの研究者はそう考えている。

海氷が変わると、海や沿岸の生き物も影響を受ける。エサが取れる場所が変わって、住む場所が変わったり、生息数が増えたり減ったりするかもしれない。

気象は変化が出始めている。海面が出たり氷におおわれたりすることによって、その上の大気の流れが変わるからだ。北極周辺だけでなく、影響は広くに及ぶ。北極の海氷が小さくなると低気圧の通り道が変わって、日本の冬が寒くなるという研究も報告された。さらに海氷が減っていけば、異常気象にもつながっていくかもしれない。

心配ばかりではない。
ほっきょくの海氷が消えると、船が通れる「近道」ができると期待する人たちもいる。
東京から欧州に船で行くのに、アフリカ大陸の南端をまわると約2万8千キロ、スエズ運河を通っても2万キロ以上だが、北極海を通れば1万3千キロですむ。
昨年は氷がなくなったロシア北部沖を通って、船が46回も行き来した。

さらに詳しくはこちらから 北極海航路(ウィキペディア)



posted by バスター at 23:26| Comment(0) | 「水」と環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。