2013年08月08日

麦茶って何?

8月3日 朝日新聞be(土曜日版) 「元気のひけつ」の記事からです。

香りにリラックス効果も

夏の水分補給にぴったりな冷たい麦茶

麦茶の原料は、大麦の種子。
大麦には二条と六条の二種類があるが、六条大麦が麦茶になる。
ビールや焼酎の原料となる二条大麦とは、身の列の数が異なる。
一つの穂につく実の列が2列だと二条、6列だと六条と呼ばれている。

緑茶やウーロン茶や紅茶は葉っぱを煎じて飲むが、麦茶は種子を煎じるので厳密にいえば「お茶」ではない。
また、茶葉で生成されるカフェインも含まない。
ノンカフェインに加えて、ノンカロリー。けれど魅力的な栄養素がいっぱい。
ビタミンB₁やB₂、カルシウムや食物繊維を含んでいる。

麦茶の香ばしいにおいの成分は、アルキルピラジンという化合物の一種で、焙煎することによって生まれる。
血小板が固まるのを抑える作用があり、血液の循環をスムーズにする。
香り自体にもメリットがある。
蒸留水と麦茶を比べたところ、麦茶の香りは、嗅いだ時にリラックスを表すアルファ波の出現率が増加する傾向があったとの研究もある。

カフェインを含まず、リラックス効果があるとなれば、寝る前の水分補給にぴったり。
虫歯菌を抑えるという実験結果もあるので、寝る前にはもってこいの飲み物だ。

いつ頃から、夏の飲み物になったのか?
古くは平安時代から飲まれていたという記録がある。
ただし、現在の麦茶と違い、大麦を粉にしてお湯で溶き「麦湯」として飲まれていた。
江戸末期から明治にかけて、主食用としての炒り麦が普及した。
同時に現在の形のような飲み方となった。
今の形の麦茶が浸透した理由の裏には、戦後の冷蔵庫の普及がある。
もともと、麩などの乾物を手掛けていた食品会社が、冷蔵庫の普及とともに、保存のきく乾物の消費が減少したことをカバーするため、1963年業務用コーヒーの焙煎機を輸入し、麦茶の大量生産に乗り出した。

現在では、店頭に並ぶ麦茶のうち、焙煎した大麦を砕いて袋に詰めたティーバックが多くを占める。
丸粒に比べ、煮出し時間が短く、茶がらの処理も簡単だ。
だが、香りの豊かさでいえば丸粒麦茶。
粉砕せず、かおりがとびにくいため、一夏は香ばしさが味わえる。

麦茶は、穀物である大麦が原料なので、葉が原料のお茶類に比べて傷みやすい。
作った日に飲みきるようにしたい。


丸粒麦茶のお買い求めはこちらから↓↓

楽天市場「丸粒麦茶」の検索結果

ヤフーショッピング「丸粒麦茶」の検索結果

アマゾン「丸粒麦茶」の検索結果


麦茶ティーバックのお買い求めはこちらから↓↓

楽天市場「麦茶ティーバック」の検索結果

ヤフーショッピング「麦茶ティーバック」の検索結果

アマゾン「麦茶ティーバック」の検索結果


麦茶ペットボトルのお買い求めはこちらから↓↓

楽天市場「麦茶ペットボトル」の検索結果

ヤフーショッピング「麦茶ペットボトル」の検索結果

アマゾン「麦茶ペットボトル」の検索結果






posted by バスター at 23:24| Comment(0) | 「水」と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。