2013年10月13日

行ってみたい日本の滝

10月12日 朝日新聞 be(土曜日版)beランキングからの記事です。

1位  華厳の滝(栃木県)
2位  那智滝 (和歌山県)
3位  袋田の滝(茨城県)
4位  白糸の滝(静岡県)
5位  オシンコシンの滝(北海道)
6位  赤目四十八滝(三重県)
7位  養老の滝 (岐阜県)
8位  浄蓮の滝 (静岡県)
9位  吹割の滝 (群馬県)
10位 流星・銀河の滝(北海道)
11位 称名滝  (富山県)
12位 箕面滝  (大阪府)
13位 霧降の滝 (栃木県)
14位 白糸の滝 (山形県)
15位 大川の滝 (鹿児島県)
16位 布引の滝 (兵庫県)
17位 真名井の滝(宮崎県)
18位 マリュドウの滝(沖縄県)
19位 秋保大滝 (山形県)
20位 三条の滝 (福島県)

調査方法
朝日新聞デジタル登録会員の方を対象に、ウェブサイトで9月下旬にアンケートを実施。
回答者は1982人。
1990年に選定された「日本の滝百選」の中から、
「行ってみたい滝」、「好きな滝」を5つまで選んでもらった。

21位以下は、羽衣の滝(北海道)、不動の滝(岩手県)、払沢の滝(東京都)、七ツ釜五段の滝(山梨県)
平湯大滝(岐阜県)、インクラの滝(北海道)、大山滝(鳥取県)、原尻の滝(大分県)

四季折々 変わる美に酔う
滝百選以外の名瀑を紹介する「この滝がすごい! 」の著者の一人、森本泰弘さんは全国800近い滝を訪れた「滝マニア」。
その魅力は「大自然の中に息づく躍動感だと語る。
水の流れや飛沫が生き物のように思え、特別な感情を感じる時があります。
ただただ落ちてくる水の流れを眺める。
滝と一緒にいるだけで幸せなのだそうだ。
遠くからの観瀑もいいが、できれば歩いて滝に近づいてほしいと勧める。
水音がしだいに大きくなり、木陰から滝の姿が見えた時こそ感動が増す。
心に残る感動も変わるはずです。

関連リンク
日本の滝百選(ウィキペディア)



この滝がすごい!



ニッポンの滝100選



日本の滝百選




posted by バスター at 23:57| Comment(0) | 水風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

嵐山渓谷(埼玉県比企郡嵐山町)

夏は、川へ泳ぎに行きます。

このあたりになります。



カメラ 1293.jpg
昭和レトロという感じの、おもむき深い橋が架かっています。


カメラ 1292.jpg
流れは穏やかで、水深は、足首が浸る程度から、推定およそ3メートルのところまであり、十分に泳げます。


カメラ 1311.jpg
こんな風に、クリフジャンプを楽しめるところもあります。


カメラ 1313.jpg
周辺は、保全トラスト地(さいたま緑のトラスト協会)になっていて、ハイキングコースが整備されています。

詳しくは、嵐山町観光協会のホームページをご覧下さい。

川遊びだけでなく、戦前からの観光地として、保全トラスト地として、歴史と環境を学ぶ、良い機会となりました。





posted by バスター at 23:47| Comment(0) | 水風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。