2013年08月28日

「水」が教えてくれる東京の微地形散歩


「水」が教えてくれる東京の微地形散歩

地殻変動で隆起や陥没した台地に対し、地形を変化させていくのは、雨であり、水の流れである。
そのため、地形の面白さや謎をたどっていくと、川の流れが浮上してくる。
都心のようなせいぜい十数メートルのアップダウンの場所は、等高線を目で追って地形を判断することは極めて困難だった。
コンピューターソフトの発達で、はるか上空から見たような光景が、凸凹地図として、手軽に見られるようになった。
このような観点から書かれたのが、本書です。

川を動かし海を陸地に
現在の東京の大まかな地形が形成されたのは、江戸時代初期に徳川幕府による江戸の町作りでした。
人々が快適に暮らせる土地を増やすために、以下の四つの事業が行われた。

1、川を引越しさせ、海を埋め立てる。
 土地を増やすには、浅い海の埋め立てが手っ取り早い。
 同時に、埋める部分の海へ水をもたらす川を移動させなければならない。

 日比谷入り江の埋め立て。
 神田川(現在の日本橋川)を江戸前島(現在の銀座)に外堀川を掘削して江戸湾へ流した。

2、川を征する
 流路を固定させ、洪水を防ぐための堤防の建設や川の付け替えを行う。

 本郷台地を掘削し(現在の水道橋〜御茶ノ水)神田川の流れを、隅田川へ。

3、川(上水道)を作る
 飲み水を確保するための上水道の建設。
 
 神田上水は、神田川の江戸川橋付近まで、海の水が満潮時にさかのぼってくる。
 そのためより上流から引かれた。
 玉川上水は、江戸の町が標高30メートルになるところもあるため、電動のくみ上げポンプが無い当時、
 より標高の高い羽村付近から引かれた。

4、川を変身させ、城を守る濠とする。
江戸城のお濠には、日比谷濠のように○○濠と名のつくものと、千鳥が淵のように○○淵と名のつくものがある。
○○淵は流れる水をせきとめいわばダム湖として作られたもの。
○○濠はそうでないもの、と区別されている。
和田倉濠、馬場先濠、日比谷濠などは、日比谷入り江埋め立て時に、水抜き促進のため、わざと埋め戻し部分を設けたために作られた。

  
 
posted by バスター at 23:35| Comment(0) | 「水」の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

水の日本地図 水が映す人と自然


東京大学総括プロジェクト機構「水の知」(サントリー)総括寄付講座編 水の日本地図 水が映す人と自然

飲む水
今求められる水の三大要素は、値段と味と安全
渇水や水質事故のリスクは依然としてあるものの、ほとんどの地域、ほとんどの場合において、いつでも容易に好きなだけ水を使用できるようになった今の日本において、水に期待するものは、安く、おいしく、安全であることだろう。
浄水場で費用とエネルギーをかけた処理を行えば、水の安全性や味を向上させることはできる。
どのくらいのお金をかけてどこまで水をおいしくしたり、安全性を高めるべきなのだろうか。
あるいは、今より水源が汚れた場合には、費用をかけて今の水準を保つべきなのだろうか。

水の値段と味は主観的価値
オゾン及び生物活性炭処理といった高度処理は、安全でおいしい水を造るために導入されるが、費用とエネルギーががかかるのが欠点である。
高度処理導入によって明らかに都市の水は昔よりおいしくなった。
現在では、これ以上お金をかけて水質を高めるべきだと考える人は少なく、70%の人がこのままで良いと答えている。
水道の水がさらに美味しくなれば、水道水を飲む人がが増え、水道事業体にとって経営改善につながるはずだ、と考える人もいるかもしれない。
しかし、日本人が家庭で一人あたり一日250リットル前後使用している中で、飲み水として使われるのはせいぜい2リットル程度である。
水の味がこれ以上よくなり、水道水を飲む人が多少増えたとしても、水道事業体にとって経営改善につながらないだろう。
水道水をこれ以上費用とエネルギーをかけておいしくするべきかどうかという判断が難しいのは、水の味と値段の価値基準に主観的要素が大きいからである。

安全は客観的か
では、水の安全性が客観的に判断できるかといえばそうでもない。
安全には主観的価値観が反映されるし、リスクをゼロにすることもできないが、社会的な安全性を担保することはできる。
それには、社会として受け入れられるリスクはどれくらいか、合意を持つことが必要である。
合意形成された受け入れられるリスクよりも、水や製品のリスクが低い時に、その水や製品は社会的に安全とされる。

潤す水
日本は水に恵まれた国か
多くの日本人が「日本は水の豊かな国」と考えている。その理由としてあげられるのが、降水量の多さである。
平均降水量は、1690mm/年と、世界平均(810mm/年)の2倍にあたる。しかし、降水量が多いから水が豊かとよいのだろうか。バングラデッシュの平均降水量は2300mm/年であるが、人々は水に困窮している。一方、カナダは平均降水量900mm/年であるにかかわらず、「水の豊かな国」の称号を得ている。
水を使うためには、雨が降るだけでは不十分だ。降った雨を使う場所まで運ぶ必要がある。
人口一人当たりが使える降水量という点では日本の水資源は決して豊かとはいえない。水を貯める、そしてその水を届けるインフラが整備されているからに他ならない。

日本人が使っている水の量はどのくらいか。
家庭で使われる水は一人当たり338ℓ/日が使われている。工業用水を日本人一人当たりに換算すると、249ℓ/日、農業用水は1170ℓ/日。合計すると1760ℓ/日になる。世界全体で使われる量を平均すると、一人当たり1570ℓ/日である。さらに海外から輸入している食糧の生産に必要な水も相当量ある。

水の豊かな国は持続的か
日本では20世紀後半の経済成長にともない、インフラの新規設備を急速に進めてきた。これらは、今後ある時期に集中して老朽化することになる。経済成長も停滞する中で、インフラの維持管理と更新という課題に直面することになる。
日本が「水の豊かな国」足り得たのは過去の話である。人口が急増してもなお豊かな水利用を享受できたのはひとえに多大な経済投資の恩恵にほかならない。財源が限られるなか、私たちはなにを重視しなにを放棄するか、社会やインフラ全体像の中で、戦略的な優先順位付けを迫られている。
posted by バスター at 23:11| Comment(0) | 「水」の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

平成の名水百選


平成の名水百選

昭和60年、当時の環境庁が身近な清澄な水であって、古くから地域住民の生活に溶け込み、住民自身の手によって保全活動がなされてきたものを再発見し、これを広く国民に紹介することを目的として「名水百選」を発表しました。

このいわば、「昭和の名水百選」が発表されてから20数年がたち、社会情勢の変化を踏まえるとともに、水環境保全の一層の推進を図ることを目的に、地域の生活に溶け込んでいる清澄な水や水環境の中で、特に地域住民などによる、主体的な保全活動が持続的に行われているものを、「平成の名水百選」として選定しました。

選定方法及び選定に際しての評価事項
1、水質・水量
2、周辺環境の状況
  (周囲の生態系や保全のための配慮など)
3、親水性・近づきやすさ
  (水への近づきやすさや安全性を重視)
4、水利用の状況
  (水利用の伝統を含む)
5、保全活動
  (保全活動の内容・効果を重視)
6、その他の特徴・PRポイント
  (故事来歴や希少性など) 

選定結果
推薦のあった162の湧水等の中から100か所を選定しました。

名水百選のリストはこちらから

昭和の名水(ウィキペディア)

平成名水百選(ウィキペディア)
posted by バスター at 14:53| Comment(0) | 「水」の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。